海外に資産の一部を移したら、何が安心なのか!?|海外投資と海外口座開設をサポートするPPS

PPSはお客様に海外投資の正しい知識を伝え、海外口座の開設を無期限でサポートしております。

  • 海外銀行口座開設者 2,500人突破!!
  • 資料請求メールはこちら
  • 電話番号:0120-380-993 受付時間:9:00~18:00 (土日祝は除く)
  • PPSは海外銀行口座開設のサポートと
    金融商品を一切売り込まないことをお約束します

オウンバンクマニュアルガイド

海外に資産の一部を移したら、何が安心なのか!?

『海外に資産の一部を移したら、何が安心なのか!?』
【宮崎県在住/女性/30歳】

勉強熱心な方が、宮崎県にはいるのですね〜iconicon

日本国債が暴落すれば、決まって円相場も暴落します。
 そこで、海外の(近い所で、香港)金融機関で、「円」以外の資産にしておくと、
円暴落の影響を最小限にする事が出来ます!!
 仮に、1ドル=300円や400円になれば、当然国内では、凄まじい輸入インフレが起こります。
しかし、海外に資産を移しておくと、資産の目減りを防ぐことができるということです。
 
 さらに、日本が預金封鎖とか支払い猶予といった緊急事態になった時でも、海外口座の預金をATMなどで引き出す事ができ、自分の資産を日本でも活用出来る可能性があります。

 つまりは、海外へ資産の一部をシフトすることは、日本経済が本当に破綻したときのリスク回避の方法
のひとつだということです。
 ただし、場合によっては、海外との資金のやり取りを禁止されたり、海外渡航が制限される事態も考えられます。

 要は、今後どうなるか分からない日本経済だけに頼るのではなく、
資産形成したり、大事な資産を守ることをワールドワイドな視野で考え、万一のときのリスク回避をする選択肢を多く持つことが大事だと思います。

 『今出来ることをやる』これがどんな時にも当てはまります。
何もしないことが、最大のリスクだ!!ということに、私自身改めて感じることになった質問でした。

 ありがとうございましたicon

資産を運用したい海外銀行をお選びください
  • HSBC香港 口座開設
  • オウンバンク 口座開設
  • スタンダードチャータード銀行 口座開設
  • ダピタンシティ 口座開設
  • 恒生銀行 口座開設
  • 中国銀行 口座開設
  • シティバンク香港 口座開設
  • DBS銀行 口座開設
あなたの大切な資産を守りサポートする責任に誠心誠意向き合います
お気軽にお電話ください 0120-380-993 海外口座開設ツアー3か国(香港・フィリピン・インドネシア)で随時開催中!
  • PPSロゴ
  • 日本オフィス
    大分県大分市府内町1-1-15
    府内センタービル 4F
  • 香港オフィス
    Room C, 2/F Capital Trade Centre,
    62Tsun Yip Street, Kwun Tong, HongKong SAR
  • ご相談窓口