中国銀行口座開設をPPSは全面的にサポートしております

サイトマップ

中国銀行口座開設

  • hsbc香港の口座について
  • 口座開設ツアーについて
  • ツアー詳細・料金
  • 必要書類等
  • よくある質問

中国銀行(Bank of China)は、北京に本店を構える中華人民共和国4大銀行の1つで、総資産は16.82兆億人民元、国内支店数は13,000、さらに25カ国に550の事務所を展開しています。

※ このページの記載内容は2016年9月時点での内容・数値となります。

※ 口座開設後、預金金額に関わらず口座維持手数料が年間10元(約155円)かかりますので、予めご了承ください。

主な特徴

中国銀行の口座には以下のような利点があります。

  • 諸外国の通貨に対して人民元は値上がりしていく可能性が高く、人民元の切り上げが期待できます。
  • 日本のいわゆるゼロ金利に比べて、圧倒的に高い金利が得られます。
  • 成長が著しい中国へのビジネス・投資に活用できます。
  • 銀聯(UnionPay)に対応しているため、全世界の銀聯(UnionPay)マークがあるATMで現金の引き出しが可能です。
  • マルチカレンシーにも対応外貨で預金する場合、金利が付きませんのでご注意ください。
口座の種類

中国銀行の口座には3種類のタイプがあります。

ご自身の資産運用状況などに合わせて、口座の種類をお選びいただけます。

中国銀行の口座種類
i-free Enrich Wealth Management (VIP)
i-free口座 Enrich口座 Wealth Management (VIP)口座
  • 通常一般の方が開設される口座
  • 一般の中国の方が作成される口座になります
  • i-freeに比べ優遇してもらえます
  • 専門的な金融サービスや特典、換金率の優遇などが得られます
  • 高品質の資産管理サービス (担当者が一人ついて投資など資産運用のサービスを受けることが出来ます)
  • 窓口でも優先的に対応してもらえます
  • その他様々な優遇特権が受けられます
金利 (定期)

中国銀行に定期預金をすることで、日本よりはるかに高い金利を得る事が出来ます。

※ 預け入れの際、通貨の種類によっては金利が付きませんのでご注意ください。

中国銀行の定期預金金利
i-free Enrich Wealth Management (VIP)
5年 最大2.75% 5年 最大2.75% 5年 最大2.75%
  • <注意事項>
  • ※ 金利は2016年9月時点で確認した利率です。
  • ※ 詳しくは『中国銀行 公式サイト』をご確認ください。
口座維持手数料

中国銀行では預金残高により口座維持手数料が発生する場合がございます。
各口座のグレードによって最低預入金額が決まっており、預金額が最低預入金額を下回った場合に
口座維持手数料が発生いたします。

口座維持手数料
口座の種類 最低預入金額 口座維持手数料
i-free HKD 10,000 HKD 60(約900円)
Enrich HKD 200,000 HKD 120(約1,800円)
Wealth Management (VIP) HKD 1,000,000 HKD 280(約4,200円)
日本でのご利用

日本国内では下記の金融機関ATMが銀聯(UnionPay)に対応していますので、便利にご利用いただけます。※ 2013年12月1日時点

  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • イオン銀行

ATMの出金限度額は、1日2万元(約30.9万円)までです。

中国銀行の窓口では、5万元(約77.3万円)までですが、事前に中国銀行カスタマーサービスホットラインに予約の手続きを行えば、上限はございません。

日本を含むどこの国のATMでも現金を引き出す場合は、人民元普通口座預金の残高から引き出されます。
日本円などでご入金されている場合は、中国銀行窓口で両替が必要となります。
ATMのご利用の予定がある場合は、人民元で預け入れを行ってください。

インターネットバンキング

インターネットバンキングをご利用になりますと、残高照会はもちろん普通預金口座と定期預金口座間で資金の移動や、定期預金の期限延長などご自身で口座の管理が行えます。

インターネットバンキングは中国語・英語でのご利用となりますが、簡単にご利用いただけますようPPSでは日本語で細かく解説したマニュアルをご準備いたしております。

口座開設者には無料でプレゼントしておりますので、いつでも簡単にインターネットバンキングがご利用いただけます。

お申込みはこちら

PPSでは、口座開設のサポートだけではなく、上手な活用法の相談や困った事など口座開設後のサポートもしっかり行っております。

今まで海外の銀行口座開設に不安があった方も、安心してご利用いただけるようサポートしてまいりますので、是非この機会にご検討してみてください。

また、『業界最安値』『サポート満足度 No.1』に挑戦しておりますので、高品質のサポートを格安の料金でご提供いたします。

PPSならではのサポート
  • Wealth Management (VIP)口座が開設できます

    通常、Wealth Management (VIP)口座は一定の条件をクリアされた方のみ開設が可能で、現地中国人でも持つことはかなり困難と言われているのですが、PPSの口座開設サポートなら無条件でWealth Management (VIP)口座を開設する事ができます。

    Wealth Management (VIP)口座を持つと、窓口で優先的に処理を行ってもらえたりと時間の短縮に役に立つだけでなく、様々な優遇特権を受ける事ができます。

  • 口座開設後のサポート

    PPSではサポートにかなり力を入れております。

    何故なら、お客様自身の大切な資産運用のサポートを、信用できない所に頼みたくないと思うからです。

    PPSでは、口座開設の内容やメリット、資産運用の際のリスクなど、しっかりとご説明させていただいております。

    また、口座開設後の上手な活用法やトラブルのご相談も随時受け付けております。

お申込みはこちら

中国銀行の口座開設は、香港ツアーでの開設サポートとなります。

ツアーに参加の場合は、お気軽にお申込みフォーム、もしくはフリーダイヤル0120-380-993までお問い合わせください。

PPSではどなたでもお気軽に、安心してご参加いただけますよう『業界最安値』『サポート満足度 No.1』に挑戦いたしております。

サポート料金

口座開設サポートは口座開設時・口座開設後のサポートだけでなく、インターネットバンキング等の使い方を日本語で開設したマニュアルも無料でプレゼントしております。

ツアー(2泊3日) 価格:68,000円~

  • セット内容
  • 往復航空券
  • 豪華ホテル
  • 豪華な食事
  • 金融セミナー
  • 香港観光
  • 口座開設サポート
  • 口座開設後のアフターフォロー
  • 日本語のマニュアルプレゼント
口座開設サポート注意事項

必要書類のパスポートは原本となります。コピーでは開設できませんのでご注意ください。

お申込みはこちら

口座開設サポートに必要な書類を記載しております。

お問い合わせはこちら

必要な書類
パスポート

有効期限が3ヶ月以上あるもの

結婚等で姓が変わられた方など、パスポート記載内容に変更がある方は必ず口座開設前にパスポートの切り替えをお願いしております。

※ 口座開設後にパスポートが変わった方は、口座開設時に提出したパスポートを必ず保管しておいてください。
変更手続き等ができなくなってしまいます。

お申込みはこちら

中国銀行の口座開設に関してよくある質問をまとめています。
解決しない場合はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

口座開設
中国語や英語が話せないけど大丈夫ですか?

口座開設前・口座開設後も完全サポートいたしますので、問題ございません。
住所変更やカード紛失の際など、お問い合わせいただけましたら無料でサポートいたしますのでご安心ください。

中国銀行日本支店の口座開設サポートもされていますか?

申し訳ございませんが当社では日本の中国銀行の口座開設サポートは行っておりません。

口座維持手数料について詳しく教えてください

中国銀行の口座維持手数料はどのグレードでも年間一律10元(約155円)となっております。
ただし、ATMカードを作成せず通帳のみの開設の場合には、残金が400元(約6,185円)以下になると3ヶ月に一度3元(約16円)の追加手数料が必要となります。
特に理由がない場合はATMカードも一緒の作成されることをおすすめいたします。

口座が開設できない場合はありますか?

PPSでは現地スタッフとの連携を元に、きちんとした手順での口座開設ですので、18歳以上であれば口座開設が可能です。
万が一こちらの不備で口座が開設できない場合は全額返金いたします。

最初にいくらぐらい預金すればいいのですか?

普通口座を開設される場合はおいくらでもかまいませんが、中国銀行側の手数料として16元(約247円)必要となります。
定期預金の場合も特に金額は問いませんが、最低100元(約1,546円)程度の預金が無難と思われます。

インターネットバンキング
日本円で入金したお金をネットバンキングで中国元に両替できますか?

残念ながらインターネットバンキングでは両替を行う事ができません。
PPSでは独自の人民元への通貨交換業務も行っておりますので、両替の際もお気軽にご連絡ください。

インターネットバンキングは英語ですか?

インターネットバンキングは英語・中国語となっておりますが、PPSで口座開設された方限定で日本語マニュアルを無料でプレゼントいたしております。
マニュアルで解決できない場合も、ご連絡いただけましたら無料でサポートいたしますのでお気軽にご連絡ください。

その他
日本のATMで現金の引き出しはできますか?

預金している通貨が人民元である必要がございますが、銀聯(UnionPay)マークのあるATMであれば日本円で引き出しが可能です。

人民元での入金限度額はいくらまで大丈夫ですか?

入金限度額はございません。また、入金の際に手数料を取られることもございません。

中国銀行の出金限度額(窓口・ATM)はいくらですか?

ATMの出金限度額は、1日2万元(約30.9万円)までです。

中国銀行の窓口では、5万元(約77.3万円)までですが、事前に中国銀行カスタマーサービスホットラインに予約の手続きを行えば、上限はございません。

お申込みはこちら

  • hsbc香港の口座について
  • 口座開設ツアーについて
  • ツアー詳細・料金
  • 必要書類等
  • よくある質問

メールでのお問い合わせはこちら

〒870-0021
大分県大分市府内町1-1-15
府内センタービル3F
TEL:097-529-9110
FAX:097-529-9136

Copyright 2016 PPS.Llc All right reserved.