PPSはお客様に海外投資の正しい知識を伝え、海外口座の開設を無期限でサポートしております。

  • 海外銀行口座開設者 2,500人突破!!
  • 資料請求メールはこちら
  • 電話番号:0120-380-993 受付時間:9:00~18:00 (土日祝は除く)
  • PPSは海外銀行口座開設のサポートと
    金融商品を一切売り込まないことをお約束します

この仕事を始めた原点人生の谷底が私に教えてくれたこと

人生の谷底を乗り越えたことが今の仕事につながっています
代表 吉岩勇紀

私は最初から順調だった訳ではありません。会社を立ち上げる前の話になるのですが、
一過性のビジネスで1億の借金を背負い、死人同然の生活を送っていました。

その経験はとても苦しいものでしたが、お金とお金に対する自分の考えがしっかりと
固まり、現在の仕事を始める原点となりました。

この仕事を10年以上も続けることができている原動力となっています。

そんな私が歩んできた人生の谷底を少しご紹介いたします。

父の死

お金への執着心を強くしたもの

とにかくお金を稼ぐことへの執着心がものすごく強かった自分がいて、年収でしか人を判断せず、
お金を持っている人間が偉いと本気で思っていた時代がありました。

私は16歳から美容師を始め、22歳で2店舗の店長を任されるようになり、26歳で独立。
売上は順調に伸びてはいましたが、朝から晩まで働いても収入がどうしても限られる美容師では、
自分の求めるライフスタイルは手に入らないと思うようになったのです。

そもそも、私にはお金への執着心が確固たるものになった決定的な理由があります。

父はあの時、金さえあれば死んでいなかった

何故ここまでお金を稼ぐことに執着していたのか、それは父の死がきっかけでした。
ある日、急に父から多くの借金が残っていることを伝えられ、その数日後に父は自ら命を立ちました。

遺書には、保険金をかけていることと、仲良くやれよとだけ書かれていました。
当時、父からは、ギャンブルだけはするなよと口酸っぱく言われ続けていたのですが、
父の会社の整理をしていた時に、棚からロト6の束が大量に出てきたのです。
最初は戸惑いましたが、ギャンブル嫌いの父が借金をどうにかするためにできる、
唯一のことだったんだと感じました。

たった800万円が返せずに自分で命を落としたのです。
正直父が自殺してからの2年間の記憶はありません。
ただ、お金に対する絶対的な執着心はこの時に生まれたのが事実です。

1億の借金

27歳で8000万円を稼ぐ

お金を稼ぐためには、何か人とは違うことを始めないとダメだと考え美容師の
片手間として始めたのが、健康食品の販売です。

始めて数ヶ月で月300万円を稼ぐまでになり、もうその時には、
美容師としてお店にいくこともなくなっていました。
お店の90%以上が自分のお客様で、すべて断っていたため美容院としての売上は
ガクッと落ちましたが全く気にすらしていなかったです。

そしてある人との出会いがきっかけで、一気に8000万円を稼いでしまうことになります。
見た目は、刺青が体中に入った裏の世界の人みたいですが、とても紳士的な人です。
彼は競馬でものすごく稼いでいて、彼から競馬を教わり400万円の元手が
1日で4800万円まで膨れ上がりました。

その時は、1億稼ぐことなんて簡単なんだ、これで一生食っていける!と本気で思ったほどです。

完璧に天狗になっていました。

過信が生んだ谷底への道

彼に出会ってから、自分はお金を稼ぐ力がある人間なんだと完全に信じていました。
一人でも稼いでいく自信がありましたし、競馬の特徴と勝つための法則も理解しているはずでした。

彼が仕事で大阪に行った後も、稼ぎ続ける自信があったから、
もっと稼ぐために競馬と投資にすべてを費やしたのです。
でも、そう簡単にはいきません。
お金を垂れ流しているかのように、2ヶ月ですべてなくなってしまったのです。
競馬で5000万円、FXで3000万円が一気に消えてしまいました。

借金地獄の始まり

周りからはお金持ちだと思われていて、そのプライドを捨てきることができず
お金は全くないのに、強がってお金を持っているふりを続けました。

そんな時、妻の父から「数千万円を元手にお金を増やして欲しい」と言われ、
親戚などからも同じようなことを言われるようになったのです。

その時、お金がなくなったということは妻にも言っていませんでした。
今考えると、この時にすべてを打ち明けていれば良かったんだと思います。

義父親族から預かったお金が一瞬で消える

ただ、人生の谷底に落ちたことは、自分にとって必要な試練だったのかもしれません。
私はここまでお金を失っても、次は絶対に大丈夫だと信じ、稼げるという自信がまだあったのです。
増えた分を自分のものにすればいいとまで思っていました。

そして、自信たっぷりにFXに株など投資に借りたお金を注ぎ込んだのです。
しかし増えるばかりか、早い段階であっという間にすべて無くなってしまいました。

人生のどん底

自分だけでは借金は返せない、兄弟や妻の名義でもお金を借りまくる日々

保険を全て解約して支払いにあてましたがすぐに底をつき始め、
消費者金融すべての会社からもお金を借りました。
それでも自分の名義だけでは足りなくなり兄にも弟にもカードを作ってもらい、
その名義でお金を借りていたため、当時持っていた消費者金融のカードだけで25枚です。

さらに、ベンツを買ったことにしてマイカーローンも組み、
返済額が膨れ上がると妻のキャッシング枠を使いキャッシングもしました。
妻は借金もしたことがなかったので、督促が来たときは強く心を乱しました。
考えられないと思いますが、この時点でも妻には何も言っていなかったのです。

自己破産では清算出来ない状態まで落ちる

当時はまさに「借金地獄」でした。
自分では、もうどうしたらいいのか全くわからなかったのです。
毎日お金の話で妻と喧嘩ばかりしていて、その光景が、自分の親と重なってしまうことがすごく嫌でした。

できる限り妻とは会いたくなかったので、朝早く起きて、嫁が寝た時間くらいに帰り、
会社に寝泊まりするようにもなりました。
会社ではまともに仕事すらせず、ネットサーフィンばかりして毎日がお酒とタバコの生活でした。
常にボーっとしてただ時間をやり過ごして、生きている感覚すらありません。

当然自己破産も考えましたが、兄と弟名義でも借金があったので、
それもできませんでした。完全な八方塞がりです。

あの時は、本当に落ちるところまで落ちていました。
つい数カ月前までは溢れるぐらいお金があったはずなのに、
何でこうなってしまったのかとずっと考えていました。

当時は、とにかくお金を稼ぐことが目的でした。
お金を稼げていない人たちのことをバカにし、見下し、
自分が優位に立っていると勘違いし、その優越感こそが生きている実感でした。
全く周りが見えていない、井の中の蛙状態でした。

間違いを認める

顔面麻痺、鬱、死人同然の生活

これ以上のドン底がないというとこまで来て全てを失い、やっとそこに気づくことができたのです。
すべては自分が招いたことでした。
そこからは本気で反省し、これからどうしようとものすごく悩みました。

当時の自分は、まさに父と同じ道を通っていたのです。

もう体はボロボロでした。
ストレスで胃潰瘍になり顔面は震え麻痺し、精神科では鬱だと診断されました。
深夜にコンビニでカップラーメンを食べるのが日課になっていました。
ストレスで食べないとどうにかなりそうだったのです。人とも会わずに死人同然でした。

そんな中でも、自殺は1回も考えることはありませんでした。
父が自殺した後残された人のことをよく見ていたこともあり、
残された方が辛いということは身を持って知っていました。
そして、この状況でも私の中にはどうにかなる、巻き返せる思いがありました。
お金への執着以上に生きることにはとても強い執着があったんだと思います。

過去を省みることで初めて気づいた自分の愚かさ

自分の間違いに気づいた時、自分は一回死んだんだと開き直ることができました。
感情を捨て、落ち込むことを辞めたのです。今をベースに少しでも良くなることだけを考えようと決めました。

今までの自分には見栄とプライドがあったので誰にも相談することができませんでしたが、
今までのことを隠さずにすべてさらけ出し、打ち明けることにしました。
今思うと、負のエネルギーは考え方次第で、プラスのエネルギーに変えることができるんだと改めて感じます。
あの時は、膨大な負のエネルギーを、プラスに変えていくことができたんだと思います。

私は今までの事実をすべて正直に打ち明けた

妻の父、親戚にすべてのことを正直に打ち明けました。
すべて返済することを誓い、公証役場にて正式に借用書をつくり、法的にも効力のある書面も準備しました。
配当金は毎月払っていましたので、元本のみの返済で許してくれました。

住宅ローンも1年間は支払いを少なくしてもらい、消費者金融の支払いも数千円にとどめてもらいました。

逃げることを辞め、自分から出向き交渉するようにしたのです。
正直に事情をしっかりと説明してお願いをすれば、話を聞いてくれることを知りました。

まずは身辺整理から進めていきました。

借金を返済するために

自分の力では何もできないことを認める

当時の借金は1億円以上も膨れ上がっており、
それは美容師として24時間働いたとしても払える額ではありません。
自分の力ではどうすることもできないと分かったからこそ、
いろんな人の話を聞きに行こうと決めました。

話を聞きに行くためにもお金が必要でした。
腕時計やブランド品を質屋に入れたり出したりして、どうにかお金をつくりました。
それを、100回位繰り返したと思います。

大阪と東京に何度も行き、成功者の話を聞きました。
一番前の席に座り食事にも一緒に行き、とにかく自分を覚えてもらうために必死でした。
直接話しをすることでしか成功への道はないと思っていたのです。

セミナーや食事会に積極的に参加して
成功している方と仲良くなるために必死に動いた

その中でも、久保雅文先生との出会いは自分にとって大きな転機になりました。
彼から教わったことは、「お金を稼ぐのと守る力は違う」ということです。
そして、金融を学びなさいという一言でした。

それからは、金融についての本を片っ端から読み漁り、
久保先生に直接教えてもらったりしながら金融についての知識をつけていきました。

そこからは、借金を返済するまでに時間はかかりませんでした。
2年8ヶ月ですべてを返済することができたのです。

そして安定してお金が余るようになり、私はもう一度投資を始めることにしました。
昔と今とではお金に対する考え方が全く変わっていました。
いろんな人に出会い、いろんなことを教えてもらった上で、改めて投資に挑戦したいと考えたのです。
どん底を経験し変な欲が消え、0から学び直したからこそ投資をしても勝てるようになっていました。

人生の谷底が私に教えてくれたこと

私たちは何のためにお金を稼ぐのか

お金を稼ぐことが目的になってしまうと欲の塊みたいになってしまいます。
お金は、充実した人生を生きるために、色々なことを経験するために、家族を守るために、
お金は人のために使うものだと今では思います。

借金一億円を抱えた過去というのは決して喜ばしいものではありませんが、
思い返すと若い時期に本当にいい経験ができて良かったと感じます。

あの借金の苦しみをもし経験していなかったら今も金への欲の塊で、
お金以外のたくさんの大切なものに気づくこともなく強欲に支配されていたかと考えると、怖くてたまりません。

最後に

お客様の人生をより良くするために
私の知識と経験をお伝えし資産形成をすることが私の使命

お金について数多くの経験をしてきました。
若い時期にここまでの経験をされた方は多くないと感じております。

何のためにお金を稼ぎたいのか、増やしたいのか、守っていきたいのか。
人それぞれ目的は違います。

私はお客様との出会いを含めいろいろな方との出会いを通じて、
また自分の体験から多くのことを学んできました。

ただ単に「お金を増やすにはどうしたらいいか」ではなく
「お客様の人生をより良いものにするためにはどうしたらいいのか」という観点から、
海外銀行での資産運用、FXや株などの投資、世界のファンドや支店長とのつながりなど、
経験から得た知識とネットワークの太さを活用し、お話をさせていただきます。

実際に自分で試して成果のあったものしかご提案はいたしません。
私と直接合って、お話をさせていただき吉岩という人間を見てから
今後付き合うか判断してください。
その上で、お客様と一緒に資産形成をしていくお手伝いができたら嬉しいです。

将来の不安を解消して安心して暮らしていくために資産を守り増やしていくお手伝いをいたします

  • 現地ツアー開催現地ツアー開催
    人と人との繋がりが大切
  • 資産運用の仕方セミナー資産運用の仕方セミナー
    経験してきたことを伝える
  • 現地支店長との信頼現地支店長との信頼
    信用の積み重ねが大切

1億円もの借金を背負い返済までに至った経験は、私という人間を大きく成長させてくれました。

お金は私の人生の中でも大きなテーマのひとつかもしれません。

この経験を多くの方に伝え、資産形成のお手伝いをすることが、私の使命だと思っています。

資産を運用したい海外銀行をお選びください
  • HSBC香港 口座開設
  • オウンバンク 口座開設
  • スタンダードチャータード銀行 口座開設
  • ダピタンシティ 口座開設
  • 恒生銀行 口座開設
  • 中国銀行 口座開設
  • シティバンク香港 口座開設
  • DBS銀行 口座開設
あなたの大切な資産を守りサポートする責任に誠心誠意向き合います
お気軽にお電話ください 0120-380-993 海外口座開設ツアー3か国(香港・フィリピン・インドネシア)で随時開催中!
  • PPSロゴ
  • 日本オフィス
    大分県大分市府内町1-1-15
    府内センタービル 4F
  • 香港オフィス
    Room C, 2/F Capital Trade Centre,
    62Tsun Yip Street, Kwun Tong, HongKong SAR
  • ご相談窓口