PPSはお客様に海外投資の正しい知識を伝え、海外口座の開設を無期限でサポートしております。

  • 海外銀行口座開設者 2,500人突破!!
  • 資料請求メールはこちら
  • 電話番号:0120-380-993 受付時間:9:00~18:00 (土日祝は除く)
  • PPSは海外銀行口座開設のサポートと
    金融商品を一切売り込まないことをお約束します

定期預金の利息でフィリピン不動産をお得に購入できます

フィリピンの不動産の魅力について

フィリピンについて知る
  • 国土/300平方メートル(日本の約8割)
  • 人口/1億698万人 首都/マニラ
  • 言語/英語およびフィリピノ語
  • 宗教/キリスト教93%

日本人にも馴染みやすい気候や風土

フィリピンは大小あわせて7000の島でできた、日本と同じく島国です。気候は一年中温暖で、平均気温は26度前後。

主要産業は農林水産業ですが、日本人にも人気のリゾート地であるセブ島などでは観光業が盛んです。

スペイン、アメリカの植民地になった歴史があり、キリスト教が90%占めるなど、様々な文化が混ざり合っています。

日本とも植民地関係にあったフィリピンですが、若い世代を中心に親日家が多いといわれています。

日本とフィリピンの位置
日本とフィリピンの位置を表した画像
フィリピンと東京の平均気温比較
フィリピンと東京の平均気温比較を表した画像

著しい経済成長を続けるフィリピン

フィリピンの人口はこの30年ほどで2倍になり、2014年には1億人に達しました。

生産年齢人口が多く、毎年経済成長し、2016年の経済成長比は6.8%。

公用語である英語を生かし、コールセンター業など海外で稼いだ外貨を本国に送金する労働者が多く、
その総額は3兆円、GDPの約10%です。(日本のGDPの約10%を占めるのは自動車産業です。)

人口推移
人口推移を表した画像
フィリピン人口ピラミッド(2014年)
フィリピン人口ピラミッド(2014年)を表した画像
フィリピン不動産現状

若年層の人口比率が高く、海外企業
進出の増加が予想されるフィリピン
では、不動産購入のニーズが高まる
ことが予想されています。

プール付き、ジム完備のマンションなのに日本のマンションより格安

東京でマンションを購入しようとすると1ルームでも数千万しますが、フィリピンの首都マニラのなかには、1ルーム
1000万円以下の物件があります。このような低価格物件でもプールやジムが付いていることが一般的で、共有ラウンジ
なども広くスペースを設けてあります。立地によって、空室率も低く利回りのいい物件もあり、これから更に
人口増加すると予測されているフィリピンでは、十分に不動産投資に可能性があります。

口座開設ツアーではコンドミニアムの視察もできます

フィリピンの不動産について情報を集めようと思えば今の時代はインターネットで可能ですが、
実際に目で見て実体験として感じることが大切です。自分自身の大切な資産をどこに投資するのか本気で考えるために、
口座開設ツアーの日程の中で、コンドミニアムなどの物件の視察ができるプランをご用意しております。

このタイプの物件を買うと仮定すると・・・

オウンバンク×アパマンショップフィリピン不動産ご購入シミュレーション

  • 購入したい物件の例
    • 価格:500万ペソ (約1050万円)※ 1ペソ=2.1円計算
    • 広さ:25平米、単身者向け、1Bed
    • 戸数:230戸 (30階建て)
    • 完成・立地:2020年・マカティ市
    • 設備:プール・ジム・ラウンジ等
  • 定期預金の例
    • 預金:800万ペソ (約1680万円)
    • 定期タイプ:5年
    • 金利:13パーセント
    • 満期受取利息:約520万ペソ(約1092万円)※ 1ペソ=2.1円計算

アパマンショップが頭金を立て替え、オウンバンクの利息で物件を購入する例

物件購入のタイミングは建築前や建築中に行うのが主流です。

フィリピン不動産購入の基本的な流れは、建築期間中に物件の20~30%程度を毎月均等払いし、残金を物件完成と
同時に支払うものです。建築期間中に支払う分をダウンペイメントと言い、分割払いの頭金という意味です。

アパマンショップ×オウンバンクの強みは、定期預金を元にダウンペイメント分をアパマンショップが立替払いすることです。

ダウンペイメント分(分割払いの頭金)をアパマンショップが立替払いする
物件価格(1050万円)
1ペソ=2.1円とした場合
ダウンペイメント
物件価格の30%の場合
建築期間
5年(60ヶ月)
500万ペソ ×30% ÷60ヶ月
月額25,000ペソ (≒月額52,500円)

アパマンショップを通じて不動産を購入した場合、オウンバンクの定期預金利息を元に、
アパマンショップが建設期間中のダウンペイメント分(分割払いの頭金)を立替払いします。

本来なら満期を迎えないと利息は受け取れず、不動産も手放さなければいけませんが、アパマンショップが立替払いする
ので、投機のチャンスを逃しません。

オウンバンクの定期預金の利息と物件残金を相殺して支払う
建築期間中に30%支払っているので、残金70%を支払う
  • ダウンペイメント分・・・500万ペソ×30%=150万ペソ
  • 残金・・・500万ペソマイナス150万ペソ=350万ペソ
オウンバンク
<定期>5年定期預金 <預金額>650万ペソ <金利>13%の場合

満期受け取り利息:約520万ペソ(1ペソ=2.1円計算)

物件価格500万ペソ<定期預金利子520万ペソ

定期預金の利息が物件価格よりも上回るため、物件を受け取り利子で支払うことができます。

費用及び税金について
引渡しを受け保有するのにかかる費用
  • 初期費用:60万円(物件の予約金、その他手続き費用)
  • クロージングフィー:物件価格×約10%(不動産投機にかかる税、手続き費用)
    ※ クロージングフィーはデベロッパーによって変動し、毎月均等払いにできる場合もあります。
  • 内装工事家具家電費用:1万ペソ/㎡程度
  • 管理組合費:50~100ペソ/㎡程度
  • 管理費、仲介手数料:転売時、貸借人紹介時など
その他、以下の税金がかかります
  • 固定資産税:評価額に対し2~2.5%程度
  • キャピタルゲイン税:転売した場合、売買価格(もしくは評価額)の6~6.5%程度
不動産購入の手続きについて
  • 業務委託契約書締結
    (お客様⇔当社)
    初期費用入金
  • リザベーションシートに
    サイン
    (デベロッパーへ提出)
  • 予約金支払い
    (当社→デベロッパー)
  • デベロッパーより
    売買契約書到着
    契約書サイン
不動産の名義について

アパマンショップの名義で不動産購入することも可能です。

この場合、リザベーションシート、売買契約書、委任状へのサインが不要になります。

実質の所有者が誰かを明記した契約書を締結します。(お客様⇔アパマンショップ)

一定の期間内であれば、後からお客様に名義変更可能です。

※ 名義変更手数料(数万円程度)はかかります。また、名義変更字に売買契約書・委任状へのサインが必要です。

資産を運用したい海外銀行をお選びください
  • HSBC香港 口座開設
  • オウンバンク 口座開設
  • スタンダードチャータード銀行 口座開設
  • ダピタンシティ 口座開設
  • 恒生銀行 口座開設
  • 中国銀行 口座開設
  • シティバンク香港 口座開設
  • DBS銀行 口座開設
あなたの大切な資産を守りサポートする責任に誠心誠意向き合います
お気軽にお電話ください 0120-380-993 海外口座開設ツアー3か国(香港・フィリピン・インドネシア)で随時開催中!
  • PPSロゴ
  • 日本オフィス
    大分県大分市府内町1-1-15
    府内センタービル 4F
  • 香港オフィス
    Room C, 2/F Capital Trade Centre,
    62Tsun Yip Street, Kwun Tong, HongKong SAR
  • ご相談窓口