ギャンブルと投資の違いを知り、正しい知識で資産形成を。PPSがあなたの資産を守る方法をお教えいたします。

サイトマップ

正しい知識で大切な資産を守り形成する方法

あなたは投資(資産運用)は怖いものだと認識しては
いませんか?“投資をやっている”と言うほとんどの人は
『投機』と呼ばれるバクチをやっています。投資と聞いて
怖がる人はこのバクチ=ギャンブルといったイメージを
抱いてしまい避けているのです。実際には投資
(資産運用)と投機(ギャンブル)は全く異なる別の
ものなのですが多くの日本人は勘違いをしているのです。

デイトレードやFXなどに代表される「買ってすぐ
売っての繰り返し」を行う株式の短期売買は、
典型的な投機です。対して投資とは長期的な視野で
資産を運用していく株取引や資金運用を指します。
『投資』は長期的、『投機』は短期的に資産や
資金を運用していくところが2つの大きな違いです。

株式の短期売買・宝くじ・麻雀等、これらギャンブルと呼ばれるものは『ゼロサムゲーム』と
言って収支合計が常にゼロになるという特徴があります。ギャンブルとは限られた
パイ(報酬)を奪い合っている状態であり誰かが勝って得をしただけ別の誰かが損を
しています。収支の合計がプラスになる事は無いのです。

  • 限られたパイ(報酬)の奪い合い
  • 4人の収支合計は常にゼロ

ところが長期の株取引となると話は全く真逆となります。パイの奪い合いにも、
誰か一人だけが得をするような状態にもなりません。

ギャンブルでは常に収支の合計はゼロです。しかし株式の長期投資となるとこの
ゼロサムゲームにはなりません。成長期の日本で株式を長期保有した人のほとんどが資産を
殖やすことが出来ました。市場参加者全員の収支を合計すると大きくプラスとなったのです。

経済の成長に
伴い株価が上昇

  • 成長期の日本で株を長期保有
    した人たち
  • ほとんど全員が得をする
    ことができた!

人口が増えることによって、住宅や物が売れて
経済が成長します。世界の人口が増える限りは
世界経済は成長する運命にあると言えます。
経済が成長すれば、株価は上昇します。
経済自体の成長に乗っかり、その中で資産を
殖やすことが出来るのが本当の投資(資産運用)
なのです。投資は危険なギャンブルなどでは
ありません。長い目で見て資産を財産として
残していくための手段の一つなのです。


メールでのお問い合わせはこちら

〒870-0021
大分県大分市府内町1-1-15
府内センタービル3F
TEL:097-529-9110
FAX:097-529-9136

Copyright 2016 PPS.Llc All right reserved.