ビットコインと税金Bitcoin & Tax

ビットコインの収益と納税

価格が大きく乱高下するビットコイン。これによって大きな収益を上げ、「億り人」と呼ばれる人たちも話題となりました。

では大きな収益を上げた場合、税金はどうなるのでしょうか?

ビットコインを日本円に換金した場合、総合課税という課税方法が適応されます。所得区分は「雑所得」扱いになるため、最大45%もの税金(住民税10%は除く)が課せられます。

雑所得には控除額というものがありませんので、原則的にビットコイン収益全額に課税されます。

もっと詳しく見る

所得税の税率(速算表)
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

ちなみに、ビットコインをUSドルやユーロなど日本円以外の通貨に換金した場合や、ビットコインでアルトコインを買った場合も同様に課税されます。

仮想通貨の乱高下が激しいために大きく収益が出た場合は多額の税金を納めることになるので、売却を躊躇している間に今度は大きく値を下げるなども起こりえます。
実際に、2017年末には1BTCあたり200万円を超えたビットコインも、2018年になると一気に1BTCあたり60万円台まで値を下げました。
こういった事も起こるため、しっかりと高値で売り抜け、高額でもきちんと納税するしかありません。

すると、「なんとか税金って安くならないの?」という考えが出てくると思います。
節税する方法などあるのでしょうか?

節税方法Tax Saving Method

節税方法として、2つの有効な手段が考えられます。

有効な手段 1つ目

有効手段として、1つはインターネットで調べると必ずと言っていいほど出てくる「法人設立」という手段です。
しかし、法人設立といっても「個人事業主」について説明されているものも多く存在しています。

たしかにどちらも税金対策には有効ですが、そもそも「法人」と「個人事業主」はまったく違うものですので、注意が必要です。

しかし、いずれにせよ減らすことができたとしても、税金は必ず払う事になります。大きく収益を上げたものが目減りしてしまうのは、誰でも嫌だと思います。

だからといって脱税をおこなったとしても必ずバレますし、もっとひどい目に合うのは容易に想像できます。

もっと詳しく見る

有効な手段 2つ目

1つ目の手段で節税したら、今度は目減りした収益に対して有効にはたらく2つ目の手段です。

ASEAN諸国の中でもトップクラスの経済成長率を誇るフィリピン。
そのフィリピンにある「オウンバンク」というルーラルバンクがあるのですが、この銀行の一番の魅力は「最大14.0%」もの高金利を誇る定期預金です。
500万ペソ以上(※ 2018年7月時点で約1040万円ほど)で5年満期の定期預金を組めば、最高金利14.0%を得ることができます。

さらに、海外銀行では唯一ビットコインでの預金に対応しています。

もっと詳しく見る

ドル建て定期預金金利表 (年利)
預金額 1年満期 3年満期 5年満期
2万5千USドル未満
(約272万円未満)
8.50% 9.30% 10.10%
2万5千USドル以上
(約272万円以上)
8.90% 9.80% 10.70%
10万USドル以上
(約1,087万円以上)
9.50% 10.50% 11.50%
  • 外貨優遇政策のため外貨預金(USドル含む)の金利に対する源泉はフィリピン国内では非課税となります。
  • 最低預金額USD5,000(約55万円)
  • 為替変動により日本円表記は変わる場合があります。
  • 日本円表記は2018年1月のレート(1USD = 108.69円)で計算しています。
ペソ建て定期預金金利表 (年利)
預金額 1年満期 3年満期 5年満期
100万ペソ未満
(約213万円未満)
取扱い終了 12.25%
100万ペソ以上
(約213万円以上)
13.00%
500万ペソ以上
(約1,060万円以上)
14.00%

  • ペソ建て預金の場合、金利からフィリピンでの源泉25%が控除されます。
  • 5年以上の定期預金は無税
  • 日比租税協定の申請を行えばフィリピンでの源泉控除は10%となります。
  • 最低預金額250,000ペソ(約55万円)
  • 日本円表記は2018年1月のレート(1 ペソ = 2.12円)で計算しています。

つまり、税金で目減りした分を定期預金の金利で穴埋めしようというものです。
こうすることで一時的に税金により目減りするものの、投資の原点「安値で買った仮想通貨を高値になった時に売る」という事が躊躇することなく行え、リスク面や精神面でも向上するのではないでしょうか?

オウンバンクの定期預金で目減りした分を補う様子を表した図

独自のサービスPPS Service

ここまで2つの有効な手段を紹介してきましたが、
実際に「法人設立」や「オウンバンクの口座開設」を個人で行うには、
それなりの知識や英語力が必要となってきます。

PPSでは、すべてをサポートするサービスOwnBank
×
Bitcoin
を提供しております。

お問い合わせ・お申込みは、下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ・お申込み