PPSはお客様に海外投資の正しい知識を伝え、海外口座の開設を無期限でサポートしております。

  • 海外銀行口座開設者 2,500人突破!!
  • 資料請求メールはこちら
  • 電話番号:0120-380-993 受付時間:9:00~18:00 (土日祝は除く)
  • PPSは海外銀行口座開設のサポートと
    金融商品を一切売り込まないことをお約束します

過去10年のドル円推移から読み取る世界情勢から見た「日本円」の2つの顔

世界から見ると日本円とはどのように見られているのでしょうか。

安全資産なのか、それとも不安材料が多い通貨とされているのでしょうか。

そもそもなぜこのように円の価値は上がったり下がったりするのでしょうか。

まずは円高・円安の仕組みをしっかりと理解し、過去のドル円推移から
「日本円」の価値を探ってみましょう。

過去10年のドル円推移の乱高下は円の立ち位置を理解するのに役に立ちます。

過去10年のドル円推移から「日本円」を読み取りましょう

2007年8月のサブプライム問題を発端に、2008年のリーマンショック、2009年のギリシア経済破綻など世界経済で
大きな動きが起こるたびに一気に円高方向に進み、国内で震災が起こると1ドル76円という史上最高値となりました。

その後15年半ばでは再び124円近くまで円安方向へ進み、過去10年のドル円推移は大きく変動しています。

過去10年のドル円推移
対ドルの円高と円安を表した画像

1ドルで76円買える場合と、1ドルで124円買える場合を比べると、
相対的に前者は円の価値が高く、後者は円の価値が下がっています。

具体的にどのくらい資産価値の変化があるのでしょうか76ドル ÷ 124ドル × 100 = 61.29...%このように円の価値は60%目減りしています。

これが円のみを保有するリスクです。

関連記事:「円安と円高で国民の資産価値は大きく変わる

そもそもなぜ円の価値は変動しているのでしょうか

円高・円安になるのはなにも不思議なことではありません

なぜ円高や円安になるのか考える前に、スーパーで売られているものが
昨日よりも高い・安いことは日常的にあり、なにも不思議ではないですよね。

例えば人参が不作で供給が少ない状況で、需要が多ければ価格は上がります。

逆に豊作で供給が多ければ人参の価格は下がります。

為替市場で円の価値が上がるのも下がるのも、基本的には同じ原理が働き、
円が欲しい人が多いか少ないかで、円の価値が変わるのです。

秒単位で為替レートが変動している外国為替市場

ニュースなどで1秒ごとに円相場が変化している様子を見たことがある方も
いるかと思います。なぜ円の価値はこのように毎秒変化するのでしょうか。

先ではスーパーと言う市場を例にあげましたが、円が売買される市場は
「外国為替市場」や「インターバンク」と呼ばれ、ネットや電話で取引が
行われるバーチャルな市場です。この市場に参加できるのは金融機関に
限定されており、世界中の参加者が1秒以下の単位で次々と売買を行うため、
為替レートは目まぐるしく変動しているのです。

世界情勢の様々な要因が需要の決め手となります

基本的には需要がどの程度大きいかで通貨価値が決定されますが、世界規模の市場には様々な思惑をもった参加者が
集まるため、通貨に対する需要は、世界情勢の様々な影響を受けています。

そのため、今後の円高・円安傾向は予測は立てられても常に先行き不透明で、誰にも確実なことは分かりません。

過去のドル円推移を見て分析をしつつ、将来への予測を立てるしかありません。

為替レートを変動させる要因の例
  • 景気動向
  • 貿易収支
  • 要人発言
  • 金利動向
  • 為替介入
  • 経済指標発表
  • 投機筋
  • 天災・テロ・戦争
過去のドル円推移から予測される「有事の際の日本円」の立ち位置

近年のドル円推移を見ると、円高円安の乱高下が続いています。特にリーマンショックやギリシア危機、
EU離脱発表など世界に不安問題が生じたときに、急激に円高傾向にあることがわかります。

なぜ、このような不安定な時期に円の需要が高まるのでしょうか。

原因ははっきりと分からないのですが、「有事の円買い」といわれる現象が起こっているといわれています。

日本円は安全資産と思われているので、リスク回避として円の需要が高まり、円高になるという説が有力です。

また、国内で震災が起きたとき、通常は日本を不安視して円安になりそうですが、円高傾向があります。

これに関しては、銀行や保険会社が日本国内に円を買い戻す為とも、投資筋の動向の為とも言われています。

今後も安全資産とされるのか、「日本円」が持つ2つの顔

過去のドル円推移から分析すると、日本円は世界的に見ると安全資産と認識されている傾向が見えます。

しかし、今後も安全資産とされるでしょうか。経済大国とされている日本の「明と暗」を比べてみます。

  • これまでの実績がある!
  • 将来の不安材料がある…

円が安全資産とされるのは、これまでの実績によるものです。米国・中国について日本はGDPの上位国であり、
堅調に経済成長をつづけてきました。

一方で問題も山積しており、将来の不安材料を抱えています。1000兆円の国債のほとんどは国内の銀行が
買い手とはいえ、外国人の保有率も徐々に高まっています。そして、一番の問題は人口減少です。

人口のピークをすでに超え 人口減少・高齢化が進んでいます

日本の人口減少・高齢化を表したグラフ

人口減少がもたらす影響は様々あります。まずは、生産年齢人口減少による労働力の低下です。

これに伴い、社会全体の資産が減少していきます。社会保障の担い手が減る中で高齢化は進み、医療・介護の
負担は増加していくので、ますます資産の減少に拍車がかかるといわれています。

推計では急激に人口減少が進み、このような現象は日本が初めて直面する大きな問題です。

人口減少がもたらす問題で将来的に経済成長は停滞する見通し

「投資しない」リスクを知り 自分にあった資金運用をしましょう

「日本円だけ保有する」ことは「投資しない」リスクをはらんでいます

マイナス金利政策の日本ですが、金融機関に集まる預金額は年々増え続け、
2017年では過去最高の1053兆円の預金残高となりました。

日本人は投資に消極的で、総資産の5割を預金や現金で保有しています。

しかし、銀行に預けていても金利はほとんど付きませんし、
円安に進んだ場合、日本円だけ保有することはリスクとなります。

輸入品に頼っている日本では円安の影響は必ずあるからです。

円安になっても強い資産をつくるためにできる対策

円安になっても外貨を保有していれば、その分は逆に資産が増えることになります。

外貨獲得の方法として外貨預金・FXなどがあります。外貨預金は比較的長期運用で、FXは短期運用となります。

外貨預金は日本の銀行よりも金利が高いこともあり上手に運用すれば利益が生まれますし、預金に慣れてきた日本人には難しくもありません。デメリットはFXより手数料が高いことですが、FXはギャンブル性が強く、24時間眠らず動き続ける市場と向き合えるかが大切で、自分にあった運用を見極めることが大切です。

関連記事:投資とギャンブルの違い

資産を運用したい海外銀行をお選びください
  • HSBC香港 口座開設
  • オウンバンク 口座開設
  • スタンダードチャータード銀行 口座開設
  • ダピタンシティ 口座開設
  • 恒生銀行 口座開設
  • 中国銀行 口座開設
  • シティバンク香港 口座開設
  • DBS銀行 口座開設
あなたの大切な資産を守りサポートする責任に誠心誠意向き合います
お気軽にお電話ください 0120-380-993 海外口座開設ツアー3か国(香港・フィリピン・インドネシア)で随時開催中!
  • PPSロゴ
  • 日本オフィス
    大分県大分市府内町1-1-15
    府内センタービル 4F
  • 香港オフィス
    Room C, 2/F Capital Trade Centre,
    62Tsun Yip Street, Kwun Tong, HongKong SAR
  • ご相談窓口